【FXトレード週報#7】WEEK8 4/26ー4/30

week8アイキャッチ FX

こんにちは。かみちゃん @kamichan0414 です。

かみちゃん
アラフォーサラリーマンが、経済的自由人を目指し、FXトレードに励むトレード記録です。
4月4週目 4/26(月)~4/30(金)までのトレード記録をまとめました。

WEEK8 4/26(月)~4/30(金)

4月最終週となる今週は、木曜日が昭和の日で祝日のため、4日間のトレードとなった。

さっそく振り返ろう。

4/27(月)05:32 GBP/USD 12pips

week8-1

ボリンジャーバンドミドルラインを陽線を付けて上にブレイクしたところで、買いエントリー。

しかし、振り返ると高値は更新されているが、安値は更新されていないため、エントリーすべきところではなかった。その通りに、相場は一旦下落した。

運良くわずかに上昇したところで、早めに利確し相場を離れたが、内容の悪いトレードだった。

4/27(月)17:30 USD/JPY 7.4pips

week8-2

ボリンジャーバンドミドルラインから陽線を付けて反転したところで買いエントリー。

しかし、この相場では波形を描いておらず、エントリー時点では1点目の波形かどうかはまだ分からない状態だった。その通りに、相場は思惑とは逆行し、ボリンジャーバンド下ラインまで下落。

本来は、ミドルラインをブレイクしたところで損切を入れるべきだったが、資金状況で耐えられると判断し、そのままポジションをキープした。

運良く再び上昇し、ボリンジャーバンド上ラインまで上昇し利確できたが、振り返って見ているとエントリーすべき相場ではなかった。

4/28(火)05:38 EUR/USD 10.6pips

week8-3

直近がレンジ相場と判断し、買いエントリー。

思惑とは逆に下落したが、レジスタンスラインとボリンジャーバンド下のラインで一時的にもみ合ったので、しばらく様子をみた。

その後、再び上昇し、当初サポートラインと見ていたラインをブレイク。さらに上昇し、ボリンジャーバンド上のラインにタッチしたところで利確。

上手く利益を取れたトレードだったが、レンジと判断したチャートの足がバラバラで、高値安値ははっきりしていたものの、完全なレンジ相場というわけではなく、チャートが汚かった。

中途半端なチャート形状で焦ってエントリーしてしまった。

利益が取れたからOKではなく、きちんと冷静にチャートを見極めるようにしたい。

4/29(水)00:31 GBP/USD 5.7pips

week8-4

直近相場で高値と安値が切りあがっているアップトレンドと判断し買いエントリー。しかし、その後大幅に逆行する。

結果的に利益になったが、ここで悪かったのは2点。

1点目は、エントリーが早かった。このトレードでは、陽線が出て、ボリンジャーバンドミドルラインにタッチした次の足でエントリーしているが、このエントリーした足自体も陰線を付けた。

ここでは、ボリンジャーバンドミドルラインのタッチから少し様子をみて、エントリーすべきだった。(この様子見判断をした場合、この時点の相場ではエントリータイミングはしばらく無い。)

2点目は、損切の悪さ。

資金に余裕があることでダラダラとポジションキープしてしまったこと。

資金に余裕があるからこそ、早めに損切できるように思考を変えなければならない。

WEEK8 RESULT

4月27日から4月30日までの取引をまとめました。

4/29は昭和の日で祝日だったため、ノートレード。4月の最終週は4日間だったが、そんな中、焦りもあったのか振り返ってみると意味の分からないタイミングでエントリーしているところが多かった。

利確出来てはいるが、本来損切すべきポイントで損切せず、ポジションをホールドし続けるという不安定なトレードばかりとなってしまった。

しっかり反省し、メンタルを整えて、5月も目標達成に向けがんばろう。

week8result

4月TOTAL RESULT

week8aprtotalresult

4月の月間成績は、上記も通り。

資産対利益率は3.83%。2月から続いた3カ月連続目標達成は残念ながらかなわなかった。

2月からみれば、トレードスキルは向上しているのかもしれないが、まだまだ改善の余地が多くある。

良いトレードよりも、悪いトレードをしっかりと振り返り、反省すべきところは反省し、日々精進したい。

テスト期間と位置付けていた、2月、3月、4月の連続達成の目標は達成できなかったが、一定の成果や、気付きも多く、得るものが非常に大きかったと思う。

今後、本格参入していくかは別記事でまとめて書こうと思います!