【FXトレード週報#6】WEEK7 4/19-4/23

FXweek7 FX

こんにちは。かみちゃん @kamichan0414 です。

かみちゃん
アラフォーサラリーマンが、経済的自由人を目指し、FXトレードに励むトレード記録です。
4月3週目 4/19(月)~4/23(金)までのトレード記録をまとめました。

WEEK6 4/19(月)~4/23(金)

新居に引っ越しバタバタとする中、時間をみつけてチャートに向き合うことが出来た。

そんな中、良いトレードと悪いトレードが両方あった週となった。

4/20(火)00:03 USD/JPY +5.7pips

week7-1

ドル円30分足でのトレード。

もみ合いからの下落相場に乗ろうと考えたトレードだった。

ボリンジャーバンド下ラインから切り返し、波形を描いたところでエントリー。長い陽線を付け上昇するが、ボリンジャーバンドミドルラインで陰線をつけ切り返し、波形の安値付近で利確した。

この後、しばらくレンジ相場に移行したため、利確のタイミングは◎。

4/23(金)11:05 USD/JPY ▲39.6pips

week7-2

直前がレンジ相場になっていると判断し売りエントリー。

高値、安値も揃い、ボリンジャーバンドも平行になっていたため自信を持ってエントリーしたのだが、レンジ相場と読んだサポートラインをブレイクしてしまった。

しっかりと自分なりの根拠を持ってエントリーしたので、思惑と逆に動いたことについて悔いはないが、損切がお粗末なトレードとなってしまった。

week7-3

資金に余裕があったため、”108円を割ったら” とチャート形状で判断せず、”資金の5%以内だから” という雑なトレードになってしまった。

損切幅やトレードシナリオをイメージしていなかったことはが✖。

4/23(金)11:05 EUR/USD ▲15.5pips

week7-4

ボリンジャーバンドミドルラインと下ラインの間で波形を描いたため、売りエントリー。

同タイミングで、上記トレード(USD/JPY)がレンジ相場でも上昇タイミングだったため、同時にエントリーした。

本来であれば、直近波形の1.20030付近で利確していれば利益になったトレードだったが、利確のタイミングを逃してしまった。。。

チャートに張り付くことが出来ず、利確タイミングを逃した勿体ないトレードだった。(きちんと利確出来ていたら10pips以上は固かったのに・・・

利確、逆指値はしっかりと行おう。

WEEK7 RESULT

今週は、なかなか相場に張り付く時間が無く、もったいないトレードのあった。

本格参入へ向け、2月、3月と目標利益をクリアできていたが、4月3週目で連続クリアへ視界が曇ってきた。

相場に向かう時間は限られているので、メリハリをつけ時間を確保し、相場と向き合いたい。

week7result

4月TOTAL RESULT

apr3week7totalresult

ご覧の通り、先週まで負けなしだったが、ドル円、ユーロドルでそれぞれ1敗ずつ。

負けは仕方がないのだが、負けたときの損失がデカい。損切が甘いというよりも、資金管理が出来ていない。コツコツ利益を積み上げる自分のトレードスタイルであれば、なおさら損失は最小限に抑えなければならない。

資金管理を再度見直そう。