【解説】ベータアラニンとは

ベータアラニンアイキャッチ トレーニング
かみちゃん
みなさんは、プロテインやサプリメントの他に、何かトレーニングに関するものを摂っていますか? この記事では、トレーニングの効果をより高めることができると言われている ”ベータアラニン” についてまとめました。トレーニングをより充実したものにしたい方は必見です!
この記事でわかること
・ベータアラニンのとは?
・ベータアラニンの効果と安全性
・ベータアラニンフラッシュとは?

※この記事を書いている人

200613これを書いている人

ベータアラニンとは (βアラニン)

ベータアラニンはアミノ酸の一種です。

最近、日本において製造が認められましたが、今まではインターネットなどを通じて海外品を買うしか手に入れる方法はなかったため、日本人にはまだまだ馴染みのない名前だと思います。最近国内での製造が認められ、各社メーカーが開発し、商品として販売されるようになってきて、店頭でも見かけることが増えてきました。

ベータアラニンには、筋肉の強さとパワー、持久力を高める効果があるとされています。そのため、ジムでトレーニングしている方やアスリートから支持を集めています。 

イメージは、 100となった能力を、さらに120にまで引き上げてくれるようなのサプリメントです。因みに、このこのような種類のサプリメントを   「エルゴジェニックエイド」といいます。

ベータアラニンの特徴

ベータアラニンは、肉や、魚などの食物に含まれています。

トレーニングによる疲れを軽減し、パフォーマンスを高める作用があると言われています。そのため、トレーニングの効果をより高めたい時に利用することの多い成分です。

ベータアラニンの効果・効能

ベータアラニンは、乳酸の蓄積を抑える効果があります。

乳酸の蓄積は疲れの原因となります。乳酸の蓄積を抑えることで疲れを軽減することができると言われています。

また、Lカルノシンレベルを上げる働きがあると言われています。Lカルノシンとは、トレーニングの効果と持続性を高める働きがあります。そのため、筋肉の強さや、持久力の向上が期待できるのです。これにより、強度を高めたハードなトレーニングが可能になると言われています。

アップ

ベータアラニンの安全性

ベータアラニンは適切に摂取する場合においては安全です。

しかし、人によっては知覚障害や、灼熱感などを引き起こす可能性があるとされています。プロテインや、サプリメントなども同じですが、飲みすぎには気を付けましょう。

安全イメージ

ベータアラニンの摂取方法

ベータアラニンの1日当たりの摂取量の目安は、3g~13gほどとされています。

一般的に健康な人は、特に副作用などがあったという報告はありません。ただ、1日4回以上摂取する場合は、間隔を2時間以上空けるのが良いでしょう。また、一度に大量摂取するのは効果的ではないので、やめましょう。

プロテインイメージ

ベータアラニンフラッシュとは

ベータアラニンを摂取すると、身体の表面がピリピリした感じになることがあります。

これはベータアラニンフラッシュといわれる症状で、詳細なメカニズムは未だ不明です。マウスでの研究によれば、タンパク受容体にMrgprDニューロンというものがあり、ベータアラニンの摂取によって、 MrgprDニューロンの発生を促し、活性化させることが原因ではないかと考えられています。研究発表により、特に身体に悪影響のあるものではないとされています。

フラッシュイメージ

まとめ

ベータアラニンは、登場して歴史の浅いものですが、ある程度の効果は期待できるでしょう。

実際に、ボクもインターネットで購入した海外製のものをプレワークアウトドリンクとして、飲んでいました。

ボクの場合は、腕や指先にピリピリとした感覚のベータアラニンフラッシュがありました。効果としては、100が120になったかは実感としてはありませんでしたが、トレーニング中の集中力は増した気がします。

実感には個人差がありますが、余裕があれば試してみる価値はあるでしょう!!